オリンピック

朝長なつ美(近代五種)の経歴や高校は?かわいいが結婚はしている?

ぺんさん
ぺんさん
近代五輪日本代表
カニ君
カニ君
おめでとうございます

2019年11月に行われたアジア・オセアニア選手権で見事銀メダルを獲得し、東京オリンピック日本代表に内定した朝長(ともなが)なつ美選手!

リオオリンピックに続き2大会連続出場となり、前回13位と健闘するもメダル獲得とならなかった屈辱を晴らす為に、日々練習しています!

近代五輪のイメージもはっきりしない人も多いかと思いますが、1912年からある歴史のある競技です。

メダルに期待がかかる朝長なつ美選手の経歴や高校、結婚や両親、そして近代五輪についてまとめていきます。

最後までご覧になって頂けると幸いです。

朝長なつ美選手(近代五種)の経歴や高校紹介

プロフィール、経歴

名前:朝長 なつ美(ともなが なつみ)

生年月日:1991年8月22日

年齢:28歳

出身地:埼玉県狭山市

中学校:狭山市立西中学校

高校:埼玉県川越南高校

所属:警視庁

身長:170㎝

体重:53kg

血液型:B型

好きなドラマ:踊る大捜査線

趣味は温泉巡りで、普段は婦警を行いながら近代五輪選手として活躍しています。隔週くらいの頻度で友人と多摩方面の温泉や岩盤浴にいきリラックスする程温泉が好きです。

毎日毎日オリンピック、オリンピックとプレッシャーをかけている分、リラックスする事が大事と考えている様です。

身長が170㎝で53kgとスラッとしたスタイルで高校の時の文化際で「男装女装コンテスト」で学ランを着た所優勝し、宝塚の男役の様でカッコよいと女性から人気になったエピソードもあります。

確かに競技の時もカッコよいといったイメージが強いと感じます!警察官ですし、やはり頼りがいがあるように思えます。

3歳から中学校までは水泳を行い、中学校時代は同時にバスケットボールを行うスポーツ少女でした。水泳バスケットボールと違った筋肉で体を動かす事を中学生から学んでいったのですね!

川越南高校

偏差値60で優秀な高校に通っていました。ここでは中距離の陸上部に所属します。当時は監督から将来を期待される程の実力の持ち主でした。

その後警察採用試験に合格し、警察学校終了後の2012年に警視庁近代五種部の黒臼昭二監督の目にとまり近代五種部にスカウトされ11月から近代五輪を始めます。

現在(警視庁)

第四機動隊所属で主に警備の仕事にあたっています。近代五輪の競技を行いながらの業務で二足のわらじをはきながらの生活となっています。

2012年から競技を始め2年後に全日本選手権で優勝します。

その後も数々の実績を上げリオオリンピック代表となり今回の東京オリンピック日本代表となっていきます。

戦績はこちらです。

2014年:全日本選手権 優勝

2015年:アジア・アセアニア予選 5位総合6位

2015年:全日本選手権 優勝

2016年:ワールドカップ 6位(日本過去最高位)

2016年:リオオリンピック 13位

2017年:ワールドカップ 4位(日本過去最高位更新)

2019年:ワールドカップ 10位

2019年:アジア・オセアニア選手権 2位

リオオリンピックで13位の後、世界との距離を近づける為午前7時から12時間の猛特訓の日々を過ごします。その後2017年ワールドカップ4位となるが、右肘関節滑膜炎を発症しながら海外の試合に強行出場した事で、肉体に負荷がかかり業績不振に陥ります。

その後手術を行い復帰するも中々感覚を戻せずに苦労の日々を過ごします。しかし東京オリンピックのゴールを目標に2019年アジア・オセアニア予選で2位となり切符を掴んでいきます。

オリンピックまでの日程がコロナの影響で更に延びてしまいました。チャンスととらえて練習してもらいたいところですが、精神的なプレッシャーを受ける期間が長くなってしまいました。

温泉でリラックスしてもらいながら頑張ってもらいたいです!!

朝長なつ美選手(近代五種)はかわいいが結婚はしている?

2020年2月現在高宮さんとご結婚された模様です。おめでとうございます!

お相手の情報は調べましたが掲載はなかったです。警察官なのでもしかしたら同僚の可能性は高いのかと思います!

なんせご両親も2人とも警察だった事を考えると自然とそうなったりしますよね!

朝長なつ美選手(近代五種)の両親は?

両親の背中を追って挑んだ警察庁採用試験合格後に父親の省治さん(当時54歳)が食道がんで亡くなってしまいます。厳格であった父が亡くなってから母親の里美さんがふさぎこんでしまう様になります。

そんな母の元気を出してもらう為に、近代五輪でオリンピックに連れていってあげようと頑張ります。反抗期で中々親孝行出来ていなかった父親への申し訳なさもありました。

若すぎる父親の死を逆に原動力としてリオオリンピックに挑み出場出来たのも凄い事ですし、両親を思う気持ちが素晴らしいですね!

東京オリンピックでメダル獲得し、落ち着き結婚生活をより充実され、母親に新しい命を与えてあげたりしたら親孝行の極みとなりそうですね!

天国のお父さんが見守ってくれているので、安心して競技に専念してもらいましょう!

近代五種ってどんな競技?

 

この投稿をInstagramで見る

 

すぐたろう(@sugutarou)がシェアした投稿

フェンシング(エペ)、競泳、馬術、射撃、ランニングの5種目を1日かけて行い、総合得点で順位を競います。ヨーロッパでは根強い人気の競技で「キング・オブ・スポーツ」と称されています。

競技はかなり過酷でわずかなインターバルの間でフェンシングからはじまり競泳、馬術、射撃、ランニング(800m×4)を行います。

長時間戦う体力、持続力は勿論ですが、集中力、精神力、運も重要な要素となります。得意不得意な競技が人それぞれあるので、見ている方は楽しめるポイントでもあります。

簡単に解説します。

①フェンシングは1分1本勝負の総当たりで30人超と対戦します。勝率70%を基準に250点とし、得点の増減があります。

②競泳は200メートルを速さで競い2分30秒を250点とし0.5秒毎に1点が動きます。

③馬術は馬を抽選で決め競技アリーナ内に設置された障害物を飛び越え、制限時間内にコースを走ります。この競技は300点からの減算式で計算します。

④、⑤射撃とランニングは上記3種目の1秒=1点で上位からスタートします。射撃は50秒間の間に10メートル先の6センチの的に5回命中させます。5回当たるまでは打ち続けなくてはなりません。5回当たったら800mを走ります。これを4回行います。

このレーザーランの着順が最終順位となります。

1日6~8時間と長丁場となる競技なのですが、思っていたよりルールは難しくなさそうです。

これを機会に一度見てみるのも良いですね!

朝長なつ美(近代五種)の経歴や高校は?かわいいが結婚はしている?まとめ

まとめ
  • 中学までは水泳、バスケットで基礎体力を付ける
  • 高校で陸上を行い、その後警視庁で近代五輪を始める
  • 尊敬する父の死から母を励ます為に五輪を目指し、2大会連続出場
  • 結婚し東京オリンピックをゴールとなる?

中々メジャーになってない競技ですが、見てみると様々な競技が楽しめる面白そうです。競技しているヨーロッパの選手も美人が多いとか!?

リオオリンピックの屈辱を晴らすべく東京オリンピックではメダルに期待します!

応援していきます!