レスリング、ボクシング

乙黒圭祐(レスリング)wiki風プロフィール!父弟との練習とは?

ぺんさん
ぺんさん
兄弟揃ってのオリンピック代表
カニ君
カニ君
イケメン兄弟で話題沸騰か!?

2020年3月8日に代表決定プレーオフで男子フリー74kg級東京オリンピック日本代表に内定した乙黒圭祐選手!弟の乙黒拓斗選手も男子フリー65kg級の東京オリンピック代表として既に内定していました。

兄圭祐選手がオリンピック代表に決定した試合終了後のインタビューが印象的でした。それは弟が先にオリンピック代表となり、悔しさが積もっていた気持ちを出し「弟の拓斗選手ばっかりクソ野郎と思って頑張っていました。」と発言します。兄弟だからこそ感じる悔しさを大きな原動力にしました。

東京オリンピックレスリング代表乙黒兄弟の兄、乙黒圭祐選手のwiki風プロフィールや経歴、父や弟との練習秘話、インスタ画像をまとめていきます。

 

乙黒圭祐(レスリング)プロフィールや経歴紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

勝者の素顔2020初春 第7回(全30回) フリー74kg級 乙黒圭祐 (自衛隊) Keisuke OTOGURO @otosuke_16 2019年12月に行われた天皇杯全日本レスリング選手権の優勝者をご紹介する全30回のシリーズです。 2015年に61kg級、2017年に70kg級で全日本王者になっている乙黒。2019年に74kg級で優勝し、3階級制覇を達成しました。この優勝により、東京五輪代表決定プレーオフに進出。3月8日、勝てばオリンピック代表です。すでに代表を決めている弟・拓斗と共に兄弟での出場を目指します。 . 📸@sachikohotaka @asics_japan @pts_pr_official

KeisukeOtoguro(@otosuke_16)がシェアした投稿 –

プロフィール

名前:乙黒 圭祐(おとぐろ けいすけ)

生年月日:1996年11月16日

出身地:山梨県笛吹市

身長:176㎝

階級:74kg級

構え:左構え

中学校:石和中学校~稲付中学校

高校:帝京高校

大学:山梨学院大学法学部

所属:自衛隊

幼い頃サッカーをしていたが、父正也さんの熱心な誘いから4歳でレスリングを始めます。小学校時代は山梨ジュニアレスリングクラブに通い、自宅でも夜遅くまで練習する日々を過ごします。

当時サッカーをしていた圭祐選手に「レスリングをすると当たり負けしないぞ」と巧みに丸め込みサッカーからレスリングに引っ張ったのは親として、子のレスリング素質を見抜く才能があったのかもしれませんね。

父正也さんは高校時代にレスリングを自身で行い、社会人になってもレスリング熱が収まらず、燃え上がった気持ちで息子の指導に当たっていました。スポーツ選手に環境は必要不可欠ですが、指導者の情熱が高ければ高い程、子供も真剣になりますよね!

中学校

地元山梨県笛吹市の石和中学校に入学しますが、2年の時に東京のJOCエリートアカデミーに所属します。JOCエリートアカデミーに行きながら、近くの稲付中学校に通います。

この時から親元を離れて寮での生活となります。自立が早くなりますが親は寂しいですよね。母は親離れするしかなかったと当時を振り返っていました。その後弟の拓斗選手もJOCエリートアカデミーに入校するので、早くも実家は夫婦2人となりました。

当時子供が出て行ってしまった直後は、父も母も夜何して良いかわからずにソワソワしていたみたいです。私も早く子供が出ていってしまったら、逆に妻と話すのが緊張してしまいそうです。気持ち分かります。

JOCエリートアカデミーとは?

将来の国際選手やオリンピック選手に育てる為に国が支援し、素質のある子を幼少から育てる目的の元運営しているスポーツ学校です。

中学では全国中学生選手権3年連続2位となります。JOCエリートアカデミーに通いながら帝京高校へ入学します。

帝京高校

帝京高校1年の時にインターハイ50kg級で優勝すると、世界カデットでは3位となります。2年の時にジュニアオリンピックカデット54kg級で優勝しますが世界カデットでは5位となります。

その後レスリングの名門校山梨学院大学に入学します。

山梨学院大学

 

この投稿をInstagramで見る

 

V9 6連覇 #リーグ戦#戦後2校目の6連覇#山梨学院大学#山梨学院#レスリング#ygu#🏆#🏷

KeisukeOtoguro(@otosuke_16)がシェアした投稿 –

1年の時に全日本レスリング選手権大会61kg級で優勝し、3年の時に全日本レスリング選手権大会70kg級で優勝します。4年の時には全国選抜選手権で2位でしたが、その後プレーオフを制して弟拓斗選手と共に世界選手権代表となります。

大学4年で初挑戦した世界選手権ですが初戦で敗退してしまいます。その後は東京オリンピックに向けて、70kgの階級がオリンピックでは無い為に74kg級に上げていきます。

大学卒業後はロンドンオリンピック金メダル獲得した米満達弘コーチがいる自衛隊体育学校に入校します。

自衛隊

米満コーチは長いリーチが特徴の選手でした。体格が似ている圭祐選手は米満コーチから技術等の細かい所の指導を貰います。

その成果もあり2019年全国社会人選手権74kg級優勝し、2019年全国選手権でも優勝、そして2020年3月プレーオフでライバルの奥井選手を破り東京オリンピック日本代表を獲得します。

弟の拓斗選手もフリー65kg級東京オリンピック代表となり、兄弟揃っての出場です。2012年のロンドンオリンピックで双子の湯元兄弟が2人ともに代表出場しましたが、弟の進一さんが銀メダルで兄の進一さんはメダル獲得なりませんでした。

乙黒兄弟には2人揃ってメダル獲得の写真が観たいと期待しています!!

乙黒拓斗(レスリング)はイケメンと話題!プロフィールや彼女は?乙黒拓斗(レスリング)のイケメン画像やプロフィールや経歴、彼女はいるのかを調査してみました。努力と才能と人間性を持った選手である事が分かります。...

乙黒圭祐選手(レスリング)の父や弟との家での特訓とは?

幼い時に通っていた山梨ジュニアは土日しかやっていなかったので、毎日練習する為に父、弟と自宅で特訓する様になりました。

今の実家の前に住んでいた団地時代から家での特訓は始まり、当時団地住まい時代は下の階の人が留守の時を見計らって、安い布団を何枚も敷き練習を行っていました。

その後一軒家に引っ越すと気兼ねなくなりリビングの隣の8畳の和室をレスリング場に変えていきます。2人の部屋にはラダーを張り付け、駐車場にはロープ登りと懸垂用鉄棒や単冠パイプで組み立てて、トレーニング設備も備えました。

また兄弟は家に帰るとレスリングシューズを履き夜9、10時まで特訓していました。気を抜くと一からやり直しとなるので、さぼらない習慣が付きます。

この様な特訓を幼い頃から行って習慣となっていったと考えるともの凄い事ですね。兄弟2人は勿論ですが父正也さんの情熱があってこそですね。私も子供に対してもっと情熱を持って習い事の練習をさせなければと勉強させられますが、自分じゃあ中々出来ないです。

乙黒圭祐選手(レスリング)のインスタ画像!

 

乙黒圭祐選手も弟の拓斗選手同様にご自身でのインスタ、Twitterをやっています。Twitterは鍵アカウントとなっていますが、インスタは公開していますので紹介します。

ニューヨークで誕生日を迎え、23歳の年つまり東京オリンピックの年の飛躍を誓っています。大きく飛躍してもらいましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

カガヤレン送別ディズニー🐭 #ディズニーランド#disneyland#disney #休みの日は全力で遊ぶ#積極的休養#🐭

KeisukeOtoguro(@otosuke_16)がシェアした投稿 –

オフはしっかり休む事も大切にしています。かわいらしい一面があって女性ファンも増えそうですね!!

やはり兄弟の仲の良さがインスタ内でもしっかり感じ取れます。親よりも長い期間一緒にいたので当然なのかもしれないですが、羨ましいです。

乙黒圭祐(レスリング)の乙黒(おとぐろ)の苗字は珍しい

乙黒(おとぐろ)の苗字は珍しいと思い調べてみました。

名前の由来:現山梨県である甲斐国巨摩郡乙黒村が起源となっています。

全国およそ1400人で、全国順位6687位です。

乙黒さんが多い県で山梨県が最も多く1位約580人、2位東京約410人、3位神奈川約120人、4位千葉約70人、5位埼玉約60人と近場で約90%の割合です。

参考元:https://myoji-yurai.net/

かなり少ない苗字で地域も限定的なので、乙黒さんは同じ名前だけで親近感が湧いてきますね。

乙黒圭祐(レスリング)wiki風プロフィール!父弟との練習とは?まとめ

乙黒圭祐(レスリング)wiki風プロフィール!父弟との練習とは?をまとめてみました。

父と弟との自宅での特訓の甲斐もあり、JOCエリートアカデミーで日本を代表する選手になると見込まれ、鍛え上げられ見事オリンピック出場権を獲得しました。

兄弟で今現在東京オリンピック代表に確定しているのはテコンドーの鈴木セルヒオ、リカルド選手レスリングの乙黒圭祐、拓斗選手選手だけだと思います。

兄弟で歩んできた厳しかった練習の成果を目一杯だして頂き兄弟メダルを期待しています。

※2020年東京オリンピックは、新型コロナウィルスの影響で延期と発表されました。再度日程が決まり次第記載します!

男子フリー74kg級の日時は

8月6日(木) 11:00 – 13:30

会場は

幕張メッセ Aホール

となっています。応援し日本レスリング初の兄弟同時メダル獲得の瞬間に立ち会いたいと思います!!