行事

オンライン結婚式って何?やり方や費用は?通常の結婚式との比較を調査!

ぺんさん
ぺんさん
新しい結婚式?
カニ君
カニ君
全世界でどこでも参加可能?

2020年コロナウィルス感染症の影響でオンラインによるリモートワークや飲み会

流行しています。してしまっています?

この影響で今まで考え付かなかった事が様々オンラインで可能となってきました。

オンライン帰省、オンラインキャバクラ、オンライン墓参り、オンライン結婚式

これもオンラインで行けるのかと納得と思う事が沢山あります。

今回今後流行しそうな予感がするオンライン結婚式についてリサーチします。

そもそもオンライン結婚式って何?やり方や費用、通常の結婚式との比較を調査

していきます。

オンライン結婚式って何?

現在の世の中では結婚式の予定を入れていたにも関わらず、延期や中止の選択を

せざるを得ない状況のカップルの方が大勢います。

中には出産を控えていて延期する事も出来ないが中止にはしたくない等、事情は様々

あるかと思います。

そんな中で出て来たのがオンライン結婚式です。これは最近流行しているライブ形式

で挙式を配信する結婚式です。ビデオ会議アプリ「ZOOM」を使用して行います。

インターネットに接続出来る環境さえあれば、スマホでもタブレットでもパソコンでも

何でも参加が出来る事です。

結婚の当事者は予約していたならば式場での配信(出来ない所もあるかもしれません)が

出来たり、もっとも簡素であれば自宅で式を進行させたりと自由に出来ます。

様々な形式で出来るのは勿論ですが、何よりも中止では無く開催出来たという事や、

従来型の結婚式と違い、遠方からわざわざ来てもらう事や参加者のご祝儀への負担軽減

なるのもメリットなのかもしれません。

今回の外出自粛から出来た結婚式のやり方の一つとして今後注目を集めそうな気がします。

オンライン結婚式のやり方はどうやる?

やり方として「ZOOM」等のビデオチャットアプリで行います。

2パターンあり、自分で全て行うタイプ業者に依頼して司会者や進行を任せるタイプです。

自分で全て行うケース

まず自分で全て行うケースでは、当事者2人が進行を行いながら進めます。

こちらのメリットは費用が掛からずに、参加者参加型で行えるオンライン結婚式です。

自分で全て行うタイプの参考までに一例です。

①「ZOOM」に登録しビデオチャットのスケジュールを作成します。それがURLとして作成

され、参加者はそのURLをクリックするだけで参加できます。

②「ZOOM」でURL作成後、案内文を作成し、メールやLINEで参加して欲しい人にURLを

送ります。

③自宅のスタジオを作成します。バルーンを貼ったり、写真を飾ったりします。

またウェディングドレスやウェディングスーツ等を着る場合は事前に用意しておきます。

その他、ケーキやお酒や指輪等当日使う物は準備して置きます。

当日までの準備はここまで行っておきます。当日は

セルフメイクを行います。当然プロにメイクや髪セット依頼等も有りです。

「ZOOM」で画面共有出来るか確認し、ここからオンラインウェディングスタートです。

⑥オンラインウェディングの流れ

一例
  1. オンラインウェディング入場受付
  2. オンラインウェデイング開会挨拶(新郎)
  3. オンラインウェディングオープニングムービー
  4. 指輪交換
  5. 写真撮影、スクリーンショット
  6. 乾杯
  7. 参加者から一言や2人へ質問等
  8. ケーキ入刀
  9. ゲームや余興
  10. 親への感謝を伝える
  11. 閉会

自宅で出来る事や参加者参加型で出来る事がメリットになるかと思います。

思ったより難しくないですが、ネットなので繋がらない事や聞きづらい等があるケースは

どうしても出てきてしまいそうです。

業者に依頼して行うケース

こちらに関しても基本的に「ZOOM」で行っていきます。自分で全て行う物との大きな違い

は司会進行がプロの方が行う事や、インターネットの接続や画面の調整や映像を流す等の作

業を行ってもらえるのでスムーズに進められるメリットがあると思われます。

インターネットに弱い方やプランニングを決められない人はこちらが良いかもしれません。


引用元:https://favio.jp/webkon-live

有料版であれば1000人までオンラインで参加出来る事や参加者が気兼ねなく参加出来る事

は良いですね。

この他にも事前に結婚式場に予約していた場合はその会場でオンラインに繋げて行ったケー

スもあります。NHK「おはよう日本」で話題になっていた日本人とベトナム人の結婚

正にこちらのケースでした!

オンライン結婚式の費用はいくらかかるか?

実際に自分で全て行うケースと業者に頼むケースで比較して見たいと思います。

一例ですが、

自分で全て行うケース 業者委託ケース
飲食代 3000円 3000円
花代 3000円 3000円
装飾費 3000円 3000円
ケーキ代 3000円 3000円
「ZOOM」プロアカウント代 1600円 1600円
業者委託費用 0円 約50000万~80000万
合計 13600円 63600円~93600円

ざっくりとした一例ですが、自分で全て行うケースであれば1万強で出来てしまうのは

凄いコスパですね!

通常の結婚式とオンライン結婚式の比較を調査!

通常の結婚式との違いを考えてみます。まず大きく違うのは掛かる費用です。

通常の結婚式であれば、少なくても200万円位は掛かります。

ウェデイングパークの平均で230万円(80名の場合)となっています。

引用元:https://www.weddingpark.net/estimate/hint/

オンライン結婚式であれば多くても10万円位で済みます。

通常の結婚式では打ち合わせ等で数か月前から何回もプランナーと面談します。

オンライン結婚式であれば、0回~2回位のやり取りで終わります。

通常の結婚式だと誰を呼ぶのか、呼ばないのか等を選別しなくてはならない

オンライン結婚式であれば、誰でも呼べます(1000人まで)

その他様々な違いはあるので、メリットデメリットで考えていきます。

オンライン結婚式のメリットデメリット

 

メリット
  • お金が掛からない
  • 参加者に負担が掛からない
  • 祝儀も不要(投げ銭やBiluceの様な事は可能)、お返しも不要
  • 参加者も衣装、ヘアメイク等不要で気兼ねない
  • 誰でも呼べる
  • 全国、全世界どこからでも参加出来る
  • 天候や今現在のウィルス等の状況に左右されない
  • 事前準備がほとんどいらない
  • つまり直前でもすぐ出来る
  • 子どもが小さくても参加可能
  • 身体が不自由な年配でも参加可能(ネット接続出来るか次第ではあります)
  • 自宅でやる場合は移る所だけのセットで十分
  • 新郎新婦と会話キャッチボールの時間が多く取れる
  • 参加者同士で繋がれる
  • 参加者は寝起きすぐでも参加可能
デメリット
  • 結婚式独特な雰囲気は作れない
  • 親世代の方に理解してもらえない
  • ネット環境が無い世代の参加が厳しい(スマホあればOK)
  • 流れやムービーコンテンツを自分で作成する
  • ネット環境に左右されてしまう
  • 生で会うわけじゃないので、同窓会の様にはならない
  • 全世界から参加出来るが時間はバラバラになる(日本では12時で、イギリスでは3時)
  • 参加者の飲食は自前となる

どちらが良いというわけではありませんが、一つの選択肢としてあるのは良いですね。

親族のみの結婚式が増えていますので、海外に友人がいる人や、北海道と沖縄の2人が

結婚したケース等の選択肢としては良いかもしれませんね。

自分も親族のみでやりましたが、当時オンラインがあればこれでやっていましたね!

親族での結婚式後に友人を遠方から敢えて呼ぶのに抵抗があったので、パーティーもしませ

んでした。オンライン結婚式であれば参加者の負担軽減に関しては凄く良いと思います!

オンライン結婚式って何?やり方や費用は?実際の結婚式との比較を調査まとめ

実際に今現在やった人も多くないですが、やった人は良かったとの声があります。

今は現実問題として世間の状況としてやりたかったけど出来ない人の工夫の一つです。

今後普通に結婚式が出来る状況になった時にどの様な反応があるのかには注目です。

一つ大きなスタンダードになる可能性も無くは無いと言えます。

先進的な株式会社リバースプロジェクトも注目しています!

今後に注目していきます!