オリンピック

平田しおり(ライフル射撃)のwiki風プロフィール!父親も選手?

ぺんさん
ぺんさん
ライフル射撃オリンピック代表
カニ君
カニ君
おめでとうございます

2019年11月9日アジア選手権女子ライフル3姿勢で見事3位となり、東京オリンピック日本代表内定した平田しおり選手

競技歴はわずか5年ですが、国別五輪代表権を獲得しての代表は16年ぶりとなっており日本女子ライフルとしてメダルの期待が大きくかかります。

ライフル射撃をやる様に見えない、優しくかわいいお顔の平田しおり選手ですが、ライフルと出会ったきっかけや出身や経歴をWiki風にまとめていきます。

是非最後までご覧頂けると嬉しいです!

平田しおり選手(ライフル射撃)のwiki風プロフィール!

プロフィール

名前:平田 しおり(ひらた しおり)

生年月日:1999年11月6日

年齢:20歳(2020年3月現在)

出身地:石川県能美市

身長:160㎝

体重:53kg

中学校:能美市立根上中学校

高校:石川県立金沢伏見高校

大学:明治大学(現在2年生)

家族は父、母、妹の4人家族です。現在は明治大学に在籍していますので、家族と離れて暮らしていますが高校までは実家で暮らしていました。

個人のツイッターアカウントで主に競技の報告等も行っていますが、たまに美味しそうな食べ物の画像等を家族と食べた事をツイートしたり仲の良さが伺えます。

普通の女子の一面も当然ある平田しおり選手ですが、いつからどのようなきっかけでライフルを始めたのか?を見ていきます。

経歴

クレー射撃を行っていた父親の影響から、高校1年の時に競技を始めます。高校では書道部に在籍しながら、週2~3回射場に行きエアライフルの腕を磨いていきます。

書道とライフルってなんか全然違うと思われるかもしれないですが、どちらも集中力が重要なので、平田しおり選手はとにかく集中力が高い人間なんだと思います!

高校1年の6月からビームライフル競技を始め、2か月後の8月第36回北信越ライフル射撃選手権大会で優勝します。

そこから的に当たるのが楽しく、土日は朝9時から16時頃まで練習や合宿や遠征を行い忙しい日々を送っていきます。

高校在学中から国体選手として選ばれ親子で出場します。高校1年の11月からエアライフル競技を始め2年後の3年生時のえひめ国体を日本新記録で優勝します。

その後大学入学から実力に更に磨きがかかっていきます。

現在のライフル3姿勢の競技は日本の銃刀法の関係で18歳以上でないと出来ないので、わずか2年でアジア3位までに実力を付け急成長を遂げます。

大学では個人の成績だけでなく、団体でも明治大学で活躍されています。

戦歴

2017年 愛媛国体AR少年女子 優勝

2018年 全日本ミックスチーム選手権 優勝

2019年 WCニューデリーAR60W 7位

2019年度全日本学生スポーツ射撃選手権大会 第32回女子総合 10mAR立射60発競技 個人 第一位・団体 第一位、50mライフル三姿勢120発競技 個人 第一位・団体 第一位

2019年 アジア選手権 女子ライフル3姿勢 銅メダル(日本人第一位)

引用元:https://www.city.nomi.ishikawa.jp/www/contents/1576650459285/index.html

平田しおり選手(ライフル射撃)の父親も選手?

平田しおり選手の父親平田展也さんも現役のクレー射撃の選手です。しおり選手の射撃のきっかけとなった父親ですから射撃をやっているのは分かっていましたが、国体に出る位の選手とは思いませんでした。

クレー射撃とはクレー(皿)を散弾銃で割る競技です。元々鳥撃ちとして楽しんでいたものを競技にしたものです。タレントではヒロミさんや加藤浩次さんなんかも趣味でやっています。

石原奈央子(クレー射撃)の経歴、実家や父親が凄い!幻の五輪代表?クレー射撃日本代表の石原奈央子選手の実家が凄いです。一度は訪れたい場所です。父親も最もついていない男と表現されてしまいましたが、もしかしたら金メダリストだったかもしれないですね。...

普段の日常生活では父とは射撃の話をしないとの事ですが、精神的に困った時や心の支えとなっています。

また、父親は娘しおり選手の競技に関して「集中力と体幹が良い」と褒めています。ライフル競技として大切な2つの武器を兼ね備えているしおり選手の大きな武器を活かしライフル射撃3姿勢でのメダルを期待します。

ライフル射撃3姿勢ってどんな競技?

50mライフル三姿勢とは距離50mで①うつ伏せの状態で撃つ「伏射40発」立った状態で撃つ「立射40発」片膝を立てて撃つ「膝射40発」を撃ちます。

その間6kgの銃を持ち、各項目毎に1時間位かかります。構える時と撃つ時に姿勢が変わってしまったりするので、体幹は勿論ですが集中力の持続が難関との事です。

銃の撃つ時の位置が1ミリズレると、的では10センチズレてしまう競技なのでこの弾丸数での集中力を保つのが難解なのが理解出来ます。しおり選手は深呼吸で気持ちを落ち着かせる事で乗り切っています。

ライフル競技の中でも最も弾丸数が多い競技なので、「ライフルのマラソン」とも言われています。

このライフル3競技を始めてわずか2年で日本1位となる集中力は凄いです。競技に集中している時の真剣な顔に注目です!

平田しおり選手(ライフル射撃)のかわいい画像

お茶目な画像を撮ってリラックスしていますね!

あれっ

どうやらねずみ?ドラえもん?になるのが好きな平田しおり選手!お茶目な部分も素敵です!こんな女性がライフルを持つギャップが東京オリンピックでは人気になりそうです。

平田しおり(ライフル射撃)のwiki風プロフィール!父親も選手?まとめ

まとめ
  • ライフルを始めたのは父親の影響でした
  • 父親もクレー射撃の選手で親子で国体に出場しました
  • ライフル3競技を始めてまだ2年日本人1位でまだまだ伸びる
  • 年頃の女の子でかわいい画像に愛着を持ちます

ライフル競技は日本には馴染みが薄いですが、クレー射撃の世界競技人口は500万人?と馴染みが深い国も多いです!

東京オリンピックでの活躍でのメダル獲得を期待し、世界での人気を高められる様に応援していきます!!