柔道、空手、テコンドー

荒賀龍太郎(空手)の経歴紹介。強さと性格に迫る!家族も一流だった。

ぺんさん
ぺんさん
初のオリンピック種目
カニ君
カニ君
金メダルに期待がかかるね

東京オリンピック初の正式種目となり、オリンピック日本代表に内定した荒賀龍太郎選手!空手界を引っ張ってきたエースとして金メダルの注目が集まります。

荒賀龍太郎選手はスピードドラゴンの異名を持つ天才として空手界では知らない人はいない人気を誇っています。

その強さの根源、経歴、家族をまとめていきます。

荒賀龍太郎選手(空手)の経歴紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Premier League Paris🇫🇷.. Thank you for your support‼︎. #kikkoman #日本生命 #olympic #tokyo #2020

Araga Ryutaro(荒賀龍太郎)(@araga1016)がシェアした投稿 –

プロフィール

名前:荒賀 龍太郎(あらが りゅうたろう)

生年月日:1990年10月16日

出身地:京都府亀岡市

身長:184㎝

体重:83kg

血液型:B型

高校:京都外大西高校

大学:京都産業大学

所属:荒賀道場

流派:剛柔流

種目:組手75キロ超級

3歳から空手を始めた荒賀龍太郎選手の実家が荒賀道場でした。父の正孝さんが荒賀道場を設立し、6歳年上の姉知子さんが空手をやっていたので物心がついた時に既に道着を着ていました

練習は毎日続き、非常に厳しかった父の元で特に精神面を鍛え上げていきます。「相手から逃げるな。自分から逃げるな。」と厳しく鍛えられ、どんなに良い技術を持っていてもメンタルが弱ければ使いこなせないと何事にも動じない心を鍛えられた龍太郎選手でした。

小学校1年生から地元の大会に出場し何度も優勝します。5年生で始めて出た全国大会でも優勝し、なんと小学校6年間無敗となりました。

しかし中学校1年生の時に中学校3年生の体格の大きな選手に負けてしまってから、更に父が厳しくなっていきます。それ以降は大学生や社会人との練習の日々でより一層の強さを身に付けていきます。

3歳からの英才教育があり小学校、中学校と自宅が道場で逃げたくても逃げられない日々を小さな頃から過ごしているのがオリンピックに繋がったのですね!

そして中学卒業後、京都外大西高校へ進学します。

高校時代

中学時代の敗北以降の厳しい練習の成果もあって、高校時代は3年間無敗の強さを誇ります。しかも京都外大西高校はスポーツに力を入れている高校で、全国大会で4度優勝している名門高校です。

その高校でインターハイ、国体、選抜大会と高校3冠の偉業を達成し、高校3年間で8冠となり国内最強となり、高校生ながらも世界選手権の代表となります。

その後京都産業大学に入学します。

大学時代

19歳で全日本空手道選手権で最年少優勝を果たし、大学時代に2度全日本を制します。

しかし大学4年の時に出場した世界選手権の決勝で敗北してしまいます。国内最強と言われながらも世界を制する事が出来ない悔しさから思い悩む日々を過ごし出します。

しかし諦める事なく、メンタルトレーニング、栄養面、他競技との交流、人の意見を聞く等の視野を広げていきます。

その後大学を卒業し社会人としても空手と共に歩んでいきます。

社会人

大学を卒業後は母校である京都産業大学で特別コーチを務め、実家の荒賀道場でも子供に指導しながらも現役としてで活動しています。

社会人になり子供の頃からの夢であった世界選手権で見事優勝します。その後も数々の大会に出場しタイトルを沢山獲得しています。

主な世界タイトル

2014年アジア大会優勝

2016年世界選手権優勝

2018年アジア大会優勝

2019年プレミアリーグ東京大会優勝

ここに2020年東京オリンピック金メダルと追記する時が来ると信じています。

荒賀龍太郎選手(空手)の強さと性格に迫る!

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京プレミアリーグ 負けました。 東京開催ということで今まで以上に注目度も高く、たくさんの方が応援に来てくださっていたのに、自分の力を出しきれなかった。 しっかり反省して、来月の世界選手権で優勝目指します。 応援ありがとうございました! 、 ついでに、今日で28歳になりました。 たくさんのお祝いメッセージありがとうございます!!日本生命さんからもケーキ頂きました!!🎂 焼肉せいざえもん 超美味しかったです。👍 #kikkoman#日本生命#せいざえもん#tokyo#speeddragon

Araga Ryutaro(荒賀龍太郎)(@araga1016)がシェアした投稿 –

強さと武器

荒賀龍太郎選手の強さで武器となっているのが、組手で圧倒的と言われるスピードです。その異名はスピードドラゴンと呼ばれるくらいの速さで正確な突きを放つのです。

過去の試合動画を見ても荒賀選手の攻撃判定は審判も見えないので、基本ビデオ判定で確認するのが多い様に思います。

相手との間合いの取り方等のセンスも大きな武器ですが、近年荒賀選手のスピードも外国勢に研究されてきています。

更なるスピードの強化をオリンピックまでに仕上げてきてもらいたいと願うばかりです。

性格は

2017年のNHK「グッと!スポーツ」で同じくオリンピック代表の植草歩選手と共演しました。その時のエピソードをまとめます。面白いエピソードなのですが、腹黒さといった部分でいじられていました。

トークテーマがいじわるになった時に荒賀選手の空手友達の証言で、弟が漫画読みたいと言った時にお金を請求したとか。事実龍太郎選手はお金の請求はしていないと言っていましたので、弟に対してのコミュニケーションだと思います。良くある兄弟エピソードでしょう(笑)

植草歩選手が海外遠征の時に「海外に日本食と柔軟剤と洗剤を持ってきて下さい」と荒賀選手に言うと、荒賀選手は自分では持っていかずに植草選手に借りようとするそうです。荷物が重くなっちゃうから植草選手に持たせている確信犯でズル賢いとの事でした。

また植草選手が増量中の時に、自分から言うのではなく周りから「太った」等といじってくる所等が「スピードドラゴン」ならぬ「ブラックドラゴン」と呼んでいる事を明かしています。

仲の良い2人だからこその会話ですが、恐らく荒賀選手はSっけが強いのは何となく想像出来ますね!

植草歩(空手)の出身校や地元の紹介!オリンピックであの選手の様になれるか? 2020年3月に東京オリンピック女子組手61kg超級日本代表に内定した植草歩選手!東京オリンピックに空手種目の採用が決ま...

荒賀龍太郎選手(空手)の家族も一流だった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

看板届いた!^ ^

Araga Ryutaro(荒賀龍太郎)(@araga1016)がシェアした投稿 –

父親

父親である荒賀正孝さんは荒賀道場の代表指導者です。有名な空手選手でもあったみたいで現在は京都で空手道連盟の理事長も務めております。

現在経営中の荒賀道場は京都、大阪、神戸、愛知に計8道場を構えており、随時入会ホームページで受け付けています。

母親

母親の荒賀みどりさんも空手をやっていた選手で今も正孝さんと一緒に道場で指導にあたっています。

ご両親が有名な選手であった事で亀岡市にあった荒賀道場も当時から人気があったのですが、やはり龍太郎選手が活躍した事で道場の人気が更に加速しました。

姉の荒賀知子さん(現在は木下知子さん)も元空手選手で有名でした。2004年、2006年の53kg級世界選手権で2連覇された実力保持者でした。現在は引退し、荒賀道場で指導者として活躍されています。

弟の荒賀慎太郎さんも当然空手選手です。

全日本学生空手道選手権で優勝し、世界学生空手道選手権でも3位の実力者で、6年連続全日本強化選手にされていました。

そんな弟さんですが家では空手の話は一切しないとの事で兄弟オフの時は空手から離れてゆっくりしていたみたいです。

調べてみると空手一家である事がはっきりと分かりました。龍太郎選手が強くなったのはこのファミリーがいたからですね!!

荒賀龍太郎選手(空手)の経歴紹介。強さと性格に迫る!家族も一流だった。まとめ

荒賀龍太郎(空手)の経歴紹介。強さと性格に迫る!家族も一流だった。

まとめ
  • 3歳から英才教育を受け続け、厳しい父から特にメンタルを鍛えられた
  • 高校では負けなしの国内最強選手
  • 性格はちょっとSっけの強さも感じ、お茶目な一面もある
  • 家族みんなが空手の有名選手

荒賀選手は日本発祥の空手を日本人にもっともっと知ってもらいたいと業界全体の事まで考えている事をインタビューで話していました。

東京オリンピックで金メダルを獲得し、昨年のラグビー以上の盛り上がりを期待していきます!

最後までご覧頂きありがとうございました。